hypweb.net
XOOPSマニア  最新情報のRSS(サイト全体)
[ 自宅サーバーWebRing |ID=54 前後5表示乱移動サイト一覧 ]

19年9月19日(Thu) 1時49分
TOP » xpWiki::Dev » keyword » HypCommonFunc

HypCommonFunc (はいぱー・こもん・ふぁんく) anchor.png

当サイトで配布しているモジュールから利用する共通関数クラスです。

XOOPS_TRUST_PATH を利用します。必ず trust ディレクトリを用意してお使いください。

  • XOOPS へ組み込んで様々な機能を提供する HypCommonPreLoad を同梱しています。XOOPS への導入方法については、HypCommonPreLoadXOOPS のバージョン別に記載してあります。
  • ブラウザから HypCommonPreLoad の設定(の一部)を行う hypconf モジュールを同梱しています。hypconf モジュールはアーカイブ中の "html/modules/hypconf"以下と "xoops_trust_path/modules/hypconf"以下 となっています。サーバーにアップロード後に XOOPS のモジュール管理からインストールしてください。尚、このモジュールは管理画面しかありませんので、公開側のメインメニューには表示されません。管理側のモジュール管理から「HypCommonの設定」を選択してください。
Page Top

ダウンロード anchor.png

Page Top

X-update 利用 anchor.png

HypCommonFunc は、XOOPS Cube Legacy 2.2 以上で動作する X-update に対応しています。

X-updateインストールすることで、ファイル・フォルダの配置やパーミッション設定を自動で行うことができるので、XOOPS Cube Legacy 2.2 以上の環境下では X-update によるインストール&アップデートを強くお勧めします。

HypCommonFunc は、X-update 上では "hypconf"、各絵文字パックは、"emoji_*"、google AdSense for mobile 用の追加ファイルは "googleAdsenseMobileExt" としてリストアップされています。

X-update については次のリンクを参照してください。

Page Top

HypCommonFunc ダウンロード anchor.png

Page Top
アップロード方法 anchor.png

サーバーにアップロードする場合は以下のように行ってください。

  1. html ディレクトリの中身を XOOPS_ROOT_PATH へアップロード。
  2. xoops_trust_path ディレクトリの中身を XOOPS_TRUST_PATH へアップロード。
  3. XOOPS 2 系のみ、core_addons/html_(2.0.16aJP | jpex-1.2)*1 ディレクトリの中身を XOOPS_ROOT_PATH へアップロード。
    • XOOPS コアの header.php, class/template.php, include/common.php が上書きされますので、これらのファイルに独自に変更を加えている場合は、アーカイブに含まれている diff で patch を当てるか手作業で編集してください。
  4. パーミッション設定などを参照して適切に設定する。
  5. 必要に応じて HypCommonPreLoad の導入と設定を行う。
  6. 必要に応じて hypconf モジュールのインストールXOOPS の管理画面から行う。
  7. 必要に応じて、fileK-tai_emoji.zip を解凍後、html ディレクトリの中身を XOOPS_ROOT_PATH へアップロード。
Page Top
PHP 5.3 未満向け anchor.png

HypCommonFunc Version 20171026 以降は PHP 5.3 未満の環境では動作しません。どうしても PHP 5.3 以上へアップグレードできない場合は以下のバージョンをお使いください。ただし、このバージョンは今後のメンテナンスは一切行われません。

Page Top

最近の github 更新履歴 anchor.png

Page Top

パーミッション設定など anchor.png

  • プロキシ設定
    • [trust側] XOOPS_TRUST_PATH/class/hyp_common/ini/http_request.ini.dist は、http通信をする Hyp_HTTP_Request クラスの設定ファイルの雛形です。
    • プロキシ設定などサーバー固有の設定をしたい場合は、ファイル名を "http_request.ini" として設定保存してください。
    • 設定書式は、ini 形式です。
Page Top

画像処理に imagemagick, jpegtran を使用する場合 anchor.png

画像処理には GD を使用しますが、imagemagick, jpegtran がサーバーに導入されている場合、画像サムネイルの作成、画像回転などにそれらを利用することができます。

使用するには、それぞれの実行パスを XOOPS_TRUST_PATH/class/hyp_common/execpath.inc.php に記載する必要があります。このファイルの記載内容例は次のような感じです。

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
<?php
// サーバー環境に合わせてパスを設定する
// ImageMagick
define('HYP_IMAGEMAGICK_PATH', '/usr/bin/');
// jpegtran
define('HYP_JPEGTRAN_PATH', '/usr/bin/');
// KAKASI
define('HYP_KAKASI_PATH', '/usr/bin/');
// 以下の設定は、サーバーのPHPがセーフモードの場合に使用されます。
// PHP がセーフモードの場合に FTP で実行権限を与えてください。
define('HYP_IMAGE_MAGICK_URL', 'http://(XOOPSルート)/class/hyp_common/image_magick.cgi');
?>
  • Linux 環境で、CGIがFTPオーナー権限で動作するサーバーの場合、XOOPS_ROOT_PATH/class/hyp_common/get_execpath.cgi に実行権限を与えて、ブラウザからこのファイルにアクセスすることにより、このファイルを自動生成することができます。
  • get_execpath.cgi が上手く動作しない場合は、手元で上記ファイルを作成して、サーバーにアップロードしてください。
  • PHP がセーフモードで、XOOPS_ROOT_PATH/class/hyp_common/image_magick.cgi を使用する場合は、このcgi に実行権限を与えてください。


*1 XOOPSの種類により、どちらかを選択してください。

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 58341, today: 1, yesterday: 3
Princeps date: 2007-05-30 (Wed) 13:59:22
Last-modified: 2017-10-26 (Thu) 16:49:06 (JST) (692d) by nao-pon
このページのTopへ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:

オートログイン

Basic 認証 | SSLログイン

Register now! | Lost Password?



メインメニュー
付箋機能 (xpwiki)
Fusen(Tag) menu 
Tag Editor
Color: BG:
Name:  Connect line ID:
 
MenuBar (xpwiki)
ブックマーク
Please log in to use it.
[Login]
サイト内 Wiki
☆ 検索 ☆



高度な検索(サイト内)
FireFox検索プラグイン
オンライン状況
合計 47 人がオンライン中 :-)
(xpWiki::Dev : 1 人)

登録ユーザ: 0 & ゲスト: 47

もっと...
サイト情報
管理人

nao-pon
 

登録ユーザ数: 4614


Web Services by Yahoo! JAPAN
楽天ウェブサービスセンター
Amazon.co.jpアソシエイト
現在ページのQRコード
現在ページのQRコード
[携帯対応]
参照元情報